暴力、幻覚、不潔行為…対応が難しい認知症のBPSD。周囲がまず確認すべき9項目は?

  • 作成

認知症の人の中には、「認知症に伴う行動・心理症状(Behavioral and psychological symptoms of dementia: BPSD)※ 」と呼ばれる、様々な困った症状を表すことがあります。BPSDは、本人が辛いだけでなく、介護する人にとっても非常に大きな負担となります。今回は、認知症のBPSDについてお話します。

この記事の目安時間は3分です

2輪 オーヴァーレーシング ステンレスオーバルマフラー P025-8868 ホンダ モンキー

【PCHP025 (237456)】 《TKF》 ミヤナガ ハイパーダイヤコアドリル(セット)25mm ωο0

なぜ、そうした行動が起きるのでしょうか。

認知症によって【中古】 Xperiaの使い方がわかる本 Android2.1完全対応版 / 晋遊舎 / 晋遊舎 [ムック]【宅配便出荷】。すると、生活環境の変化や体調の変化にも敏感に反応してしまうことがあります。

例えば、大事なものをしまったあとに、そのことを丸ごと(エピソード全体)忘れてしまい、「誰かに取られてしまった」と思い込んでしまうことが「物取られ妄想」の背景と言われています。思うようにいかない時や体の調子がわるい時には、不機嫌になって怒ってしまうことや、暴力を振るうこともあります。
あるいは、引っ越しのあとに新しい環境に慣れず、落ちつかなくなる人もいます。見当識障害※2があると、自分が今どこにいるのか分からなくなって、自分の家に帰ろうと外に出ていってしまう人もいます。
脳の機能障害が重度になると、大声を出し続けてしまったり、食事を食べなかったり、何でも口に入れてしまったりすることもあります。

BPSDの理解には、認知機能障害を背景とした本人なりの理由があるという視点が大切です。BPSDかな? と思った場合は、まず次のことを確認してみましょう。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1527文字

エトロ ETRO バッグ ショルダーバッグ 1H982 2808 ブラックマルチ
ダイドレ 流しトラップ 金属流し用 目皿付JIS用:OSNK-AA 40 (SNK-A)∴∴

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

Levi s (R) ウェア ズボン ジーンズ 311 Shaping Skinny Capri 22 その他

あ行
Too コピック 36色セット
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師